主なメニュー



高等科NEWS

2019年度入学式

2019年度入学式が行われました。
2019nyugakusiki.jpg










科長告辞

学習院高等科

科長 武市 憲幸


                            


高等科入学式告辞新しい季節が始まり、樹々の緑も新鮮に目に映るこの日に、今年度の入学式を行えることを大変うれしく思います。
 新入生のみなさん、そして保護者の皆様、本日は、ご入学おめでとうございます。
学習院は古い歴史を持つ学校です。その源は幕末の京都にまで遡りますが、明治10年神田錦町で官立の学校としてスタートを切ったところから正式な歴史が始まります。明治10年というと西郷隆盛が明治新政府に対して挙兵した西南戦争が起こった年です。それから70年、第2次大戦後、私立の学校として院歌に謳われる「新学習院」の時代が始まり、さらに70年余りを経て現在に至っています。そして8年後の2027年には創立150周年を迎えることになります。みなさんもこの長い歴史の中に新たな1ページを加えることになるわけです。ただし、長い歴史、伝統ということだけに安んじていては、本当の意味での歴史を刻んでゆけません。歴史とは、常にその意味を問い返すことによって価値が生まれるのではないでしょうか。その意味でこれから学習院の教育方針「広い視野」、「たくましい創造力」、「ゆたかな感受性」と「個性」について改めて話してみたいと思います。
私たちが君たち新入生のみなさんに望むのは、高等科在学中の3年間に、存分に自分の個性に磨きをかけて欲しいということです。「個性」とは、言うまでもなく「自分らしさ」でありますが、それは当然単なる「ひとりよがり」、「わがまま」とは区別されねばなりません。真の個性とは、自分とは違う価値観を持つもの、あるいは異質なものと時にはぶつかり合い、時には交じり合い、いわばやすりにかけられた結果生まれてくるものなのです。こうした作業の果てに、文字通り「磨きをかけられ」て、ようやく確立されるのが真の「個性」です。ですから先ほどの「広い視野」、つまり「異質なものと出会う場所」は必ず必要になります。単に「好き」/「嫌い」で物事を判断して、自分とは異質なものとの出会いを避けていては、いつまでたっても本当の個性には巡り会えません。若い時期は、自分が従来信じていた価値観を根底から覆される体験も克服し、新たな形で再生できるチャンスを与えられている特権的な時期です。そのようにして何度も何度も葛藤を繰り返してこそ、本当の「個性」は確立されるのです。どうか自分の中の可能性をみずから封じ込めることのないよう、失敗を恐れず、なりふりかまわずにさまざまなことにチャレンジして下さい。
 これまで述べてきたように、「個性」とは単に与えられるものではなく、自分で生み出してゆくものなのです。ただし、せっかく生み出した「個性」が、「ひとりよがり」のものになってしまっては、元も子もありません。そのために大切になるのが「感受性」というものです。様々なものやこと、人に触れて「心を動かす」、もっと言えば「心を震わせること」が「感受性」です。この「感受性」は、よりよき「個性」を育んでゆく栄養分になってゆくのだと思います。そして忘れないで欲しいのは、「感受性」は、君たちくらいの年代でその土台が作られてゆくものだということです。どうか様々なものに出会い、「心を震わせる」機会をたくさん持って下さい。「豊かな感受性」とは、「豊かな人間性」でもあるのです。そして、その機会は、「学校」という場所だけに限られているものではないと思います。例えば、読書や音楽や映画など積極的にその機会を見つけに行きましょう。
 以上のように、「広い視野」により鍛えられ、「豊かな感受性」により育まれた「個性」こそが、「たくましい創造力」を生み出しうるのです。私も長い教員生活の中で、数多くの卒業生を送り出して来ましたが、高等科在学中に磨き上げられた「個性」によって、みずからの道を切り拓いて豊かな人生を歩んでいる君たちの先輩を数多く知っています。彼らの活躍の根っこに、高等科で過ごした時間の痕跡を見つけることは、われわれ教員にとっての大きな喜びです。君たちが高等科を卒業して、先輩たちのように、自分自身の真の「個性」を活かして豊かな人生を歩んでゆけるようにわれわれは、努力を惜しみません。3年間、共にがんばりましょう。
 父母保証人の皆様、本日の入学式には学校法人学習院を代表して、内藤院長、耀専務理事、平野常務理事、江崎常務理事にご列席いただいております。またご来賓として、東園桜友会会長、大野父母会副会長、沼田中高桜友会会長にご列席いただいております。私たち学習院高等科の教職員一同、心からご子息のご入学をお祝い申し上げます。
 高校生は中学生とは異なり、親から離れ、自立した存在へとその一歩を踏み出してゆく時期に当たります。保護者の方々は、これからご子息との適度な距離を保つことに苦労される場面も多々あるかと思います。「つかず、離れず」の距離を保つのは至難の業であり、試行錯誤を繰り返すしかないのかもしれません。草花を育てる時、水をやりすぎても、逆に足らなくても枯れてしまいます。さらに、それぞれの草花に必要な水の量も栄養も千差万別です。このことは、私たちが子供を育てる、一人前の自立した人間にする、ということにも通じるものがあると思います。われわれ教員は、一人一人の個性とじっくり向き合い、保護者の方々と協力して、やがては大きな花や実を結ぶように育ててゆければ、と考えております。
 本日のご入学を心よりお慶び申し上げます。
 以上をもちまして、入学式の告辞といたします。

2018年度 サホロ スキー教室

1年生を対象にスキー教室が行われました。

場所が今年度からサホロに変わりました。

羽田空港に集合し、千歳空港に行きます。
そこからバスでサホロを目指します。

途中の占冠パーキングで休憩。R0010058_2019-03-04_17.21.43.jpg
昼食はバスの中でお弁当です。 _DSC9252.jpg
ホテルに着いたら、早速着替えてゲレンデへ。 R0010076_2019-03-04_17.00.41.jpg
開校式。 _DSC9262.jpg
レッスン開始です。 DSCF1883.jpg
R0010147_2019-03-04_16.57.27.jpg
初日は軽めのレッスンでした。

夕食後にミーティングをして初日終了です。 yuushoku2019sahoro.jpg
2日目。今日も晴天です。 まずは、朝食。 2019sahorotyoushoku.jpg
ロッカーでブーツに履き替えて、 2019sahororokka.jpg
ゲレンデに集合です。 2019sahoro2nitime1.jpg
レッスンの様子。 2019sahoro2nitime2.jpg
2019sahoro2nitime3.jpg
2019sahoro2nitime4.jpg
2019sahoro2nitime5.jpg
2019sahoro2nitime6.jpg
3日目。今日は曇天でした。 DSCF2043.jpg
2019sahoro3-3.jpg
昼食はゴンドラステーションで食べました。 2019sahoro3-1.jpg
ゴンドラに乗ってサホロ岳の頂上に行きました。 2019sahoro3-2.jpg
jump2.jpg
DSCF2055.jpg
P3060111.jpg
DSCF2003.jpg
4日目です。 大半の生徒が、サホロ岳の頂上まで登ったようです。 2019sahoro4-1.jpg
午後から晴れました。 2019sahoro4-2.jpg
閉校式をして、無事にスキー教室は終了しました。 2019sahoro4-3.jpg
最終日は、新千歳空港で3時間ほどの由時間をすごしてから 羽田空港へと帰りました。

2018年度マラソン大会

森林公園にてマラソン大会が開催されました.レース後から雨が降り始めたので,
閉会式は行わずに帰路につきました.

20190219.jpg


2018年度 柔道納会

講道館にて、3年生の柔道納会が行われました。 

全員で乱取り稽古などを行った後に、クラス対抗で試合をしました。

jyuudounoukai2018.jpg

優勝は3年D組Aチームでした。


2018年度 院内大会

晴天の中,2018年度院内大会が行われました.

サッカー,ソフトボール,バスケットボール,バレーボール,リレーの競技が行われ,
5クラス×3学年と教員チームの合計16チームが参加しました.

innnaitaikai2018.jpg
今年度の総合優勝は,3年B組でした.

2018年度 鳳櫻祭 

鳳櫻祭が11月3日と4日の日程で開催されました.


今年のテーマは,「四季彩」です.

_DSC7011.jpg


グラウンドでは,馬術部が 「めじろダービー」 を開催したり,ホッケー部が招待試合をしました. 20180021.jpg
校内やプールの様子です.自作映画の上映,クラシック音楽の演奏,アーチェリーの体験,電子工作の体験と実演,漫才,アレンジ料理の販売,シンクロ,各種展示などがありました.
20180015.jpg 中夜祭では,バンド演奏,ダンス,ミスコンなどが行われました. 2018003.jpg

2018年度沖縄修学旅行 4日目

臨時便に乗るために起床は6:00。荷物搬送の手続きをして、手早く朝食を済ませます。
こういうときになると集中しててきぱきとできるのは高等科生の良いところです。
ただ、お土産を買う時間はないかもしれません。

まだ大荒れ、という訳ではありませんが、これから急激に荒れてくるのでしょう。 DSC_0517_stitch.jpg無事、飛行場に着き離陸しております。
空港では短い時間でお土産を買い求める生徒が列をなしました。列がはけたのは搭乗開始後になりましたが、何とかみんな買えたようです。みんな家族思いだなぁ。

バスで空港に向かう途中から風は相当強くなってきました。
空港内の吹き流しも真横になっています。
1538102014-picsay.jpg
機内アナウンスによると成田空港到着は12時15分、第1ターミナル、とのことです。
1538106340-picsay.jpg
成田空港到着です!
ここからは流れ解散となります。
家には帰るまでが修学旅行です。
気をつけて。

2018年度沖縄修学旅行 帰京の予定について

19時半頃に全日空のホームページに、台風による影響で明日の15時以降の便の欠航が発表されました。
延泊か?場合によっては2連泊、3連泊か!?と思われました....
DSC_0511.jpg
しかし、全日空が臨時便を出すことになりました。そして、旅行代理店の方々のご尽力により、その臨時便に乗って帰ることができるようになりました。この先、順当に進めば
■12:45に成田■着となります。

■変更■
航空機内のアナウンスによると成田空港到着は12:15とのことです。

2018年度沖縄修学旅行 3日目

今日は終日、コース別の研修でした。
朝には虹が出ていたものの、天候は下り坂。アクティビティにできるだけ支障が出ないことを祈ります。
image_original (33).jpg
〇伊江島サイクリングコース
台風でフェリーが止まってしまいましたので、
美ら海水族館→パイナップルパーク→ホテルビーチとなりました。
美ら海水族館までの道のりで見える伊江島です。やはり荒れています。午後はさらにしける見込みです。
image_original (30).jpg
image_original (34).jpg魚を取ろうとして頑張っています。がんばれ。
image_original (35).jpg美ら海水族館でパイナップルサングラスを買って、気分を盛り上げていました。伊江島には行けなくなってしまったけれどこっちもたのしー!(こういうところ本当に偉いなぁ)
DSC_0498.jpg〇洞窟&ガンガラーの谷コース
洞窟(ガマ)を自然科学的な視点で見学です。ここは戦争当時は水没していました。雨量が多ければ水位が高くなるので心配していましたが、見学可能でした。
image_original (36).jpg
中腰になって進むところは結構きついです。うっかり体を起こしてしまうとヘルメットのありがたさを実感することになります。腰まで水に浸かって進むところもありました。
image_original (37).jpg洞窟から出た後は亜熱帯植物がうっそうと生い茂るガンガラーの谷を自然探索しました。巨大なガジュマルが根を伸ばしています。
image_original (38).jpg
〇カヌー・リバートレッキング
カヌー体験:
台風の影響で波が高い慶佐次湾から福地川下流に場所を変更してカヌー体験。2人漕ぎ用のカヌーで呼吸を合わせて前に進みます。
image1.jpgimage2.jpg
トレッキング:
渓流トレッキングの終点である比地大滝。カタブイ(スコール)が降ったりやんだりするなか、川での水切り遊び、巨大ナメクジやキノボリトカゲを見つけて自然を満喫しました。
IMG_2762.jpg
ちょうどインストラクターの方がハブの話をしているときにふっと後ろをみると、にょろにょろと。
ヒメハブ、だそうです。ぞわわわわ~と思いきや、生徒がどんどん近づいて行って写真を撮ろうとするのでインストラクターの方に止められていました。
IMG_2771.jpg
マングローブ林ツアー:
慶佐次湾の汽水域に広がるヒルギ科のマングローブ林を散策。ヒルギ科の生態や、シオマネキ、ミナミトビハゼ、オキナワアナジャコなど海辺の生き物について学びました。
image3.jpg
各コース別の写真は随時アップしていきます。


各コースとも帰ってきて時間があればホテル前のビーチに出ました。
DSC_0502_stitch.jpg
最後の夜はバーベキューです。
1538090694-picsay.jpg「俺、チャーハン作るわ。」と手際よく手を動かす料理男子もいました。
1538090982-picsay.jpgコーンをバラして焼いたり、テーブルごとに流儀が違いますね。
1538091251-picsay.jpg
この後、予定の飛行機の欠航の情報が...
の記事にて掲載します。

2018年度沖縄修学旅行 2日目

夜更かしせずによく寝ていたため(?そうは思えませんが)寝起きもスムーズに朝食です。
1537920308-picsay.jpg
早々に荷物をまとめ、ダブルツリーを後にします。
DSC_0482 1.jpg映画ハクソーリッジの舞台にもなった前田高地を訪れました。琉球時代には浦添グスクと呼ばれていた場所です。再現された城壁が見えます。
image_original (7).jpg米軍が上陸してきた読谷の海岸、最初の激戦地の嘉数高台が見えます。反対側には首里城が見え、この小さな丘が、沖縄戦の要地であったことがよく分かります。また普天間基地が見え、現代の沖縄が抱える問題も見えます。
広大な敷地の嘉手納基地にある、極東最大の飛行場を眺望する、道の駅かでな。北朝鮮とアメリカの関係に敏感な飛行場です。世界の中の沖縄、という視点も必要なのかもしれません。
image_original (15).jpg飛行場をとらえるカメラの後ろでソフトクリームをほおばる高等科生たち。様々な情報と経験を大事な友人たちと一緒に共有し、自分たちなりに咀嚼して、飲み込もうとしている、といところでしょう。これから長い時間をかけて吸収し、いずれは自分で糧を見つけていってください。
DSC_0490 1.jpg午後は沖縄文化の体験です。町並みは、NHK大河ドラマ『琉球の風』の撮影用に建てられたものです。体験できる内容は建物ごとに点在しています。実際に幼稚園として使われている家もあります。
image_original (21).jpg
image_original (19).jpgオーブン粘土によるシーサーづくり体験。高等科生のセンスが光ります。
image_original (16).jpg
image_original (18).jpgちんすこうや、沖縄そばを作るコースもありました。1年生の時に家庭の時間に作ったエプロンが活躍しています。
image_original (20).jpg島ぞうり彫り体験ではみんな一心不乱になって取り組みました。修学旅行中の内履きとして使っている人も何人かいたようです。こちらは砂浜の上に浮かぶ満月です。今回の修学旅行期間中はきれいな満月が出ていました。
1538116833-picsay.jpg
エイサー体験はかなり盛り上がったようです。
image_original (11).jpg
image_original (17).jpg恩納村のホテルに到着。台風が心配されていますが、今日時点ではホテル前のビーチで海に入ることができました。
image_original (29).jpg
必死で何かを埋める人たち。
image_original (14).jpg死闘を繰り広げる人たち。
image_original (23).jpg
中等科の授業で使った学習院伝統の赤褌を沖縄のビーチで身に着けちゃう人たち。image_original (25).jpg
夕飯はバイキングでした。このあとは明日のアクティビティの説明が各コースごとにありました。少しでも天気がもつように祈りましょう。
DSC_0493 1.jpg