主なメニュー



高等科NEWS

2019年度卒業式

感染症対策のため例年よりも簡略化し、2019年度卒業式を行いました。

_DSC9873.jpg




_DSC9860.jpg

_DSC9855.jpg


高等科卒業式告辞


                             学習院高等科科長 

                                  武市憲幸



 卒業生のみなさん、そして父母保証人の皆様、本日はご卒業おめでとうございます。

 本来であれば、ここに在校生の諸君や来賓の方々をお招きして式を挙行するはずでしたが、ご存知のように新型コロナウィルス感染拡大を防止するために、このように簡易化した形で行わざるを得ませんでした。学校によっては、卒業生と教員のみの式や、式そのものを中止するケースもあるようです。しかし、われわれは、卒業生、保護者、教員で行うことを決断し、今日ここに式を挙行するに至りました。さまざまなご意見があるとは思いますが、学校生活を締めくくる大事な行事である卒業式をこのような形で行うことを何卒ご理解いただきたいと思います。

 私は本校に勤務して30年になりますが、その間このような形で式が行われたのは2011年東日本大震災の時でした。震災当日とそれに続く数日間の混乱は言うまでもありませんが、さらにその後の数週間、原子力発電所の問題や流通網の混乱による物資不足などで世情が殺伐とした雰囲気に覆われていたことは現在でもありありと記憶に残っています。むろん当時の状況と比較して現在を云々するつもりはありません。しかし、こうした先行きの見えない不安な状況にあるからこそ、きわめてありきたりな言い方になってしまいますが、「他人への思いやり」を大切にして欲しいと願っています。かつての体験を教訓として活かすことはわれわれの務めであると考えます。そして、高等科で3年間を過ごしたみなさんならば、このありきたりではあるが、実践することが容易くはない、「他人への思いやり」を保ち続けることの大切さを分かってくれるだろうと信じています。

君たちは高等科での課程を終えて、これから、より専門的な教育課程に進んでゆくわけです。とは言っても、それもとりあえずの通過点に過ぎないのかもしれません。自分が生涯をかけてやるべきことに辿り着くためには、これからもさまざまな試行錯誤が必要になるのだと思います。もしかしたら、その試行錯誤の果てに、自分が今まで考えてもみなかった場所に辿り着いているかもしれません。また、一つの道を辿ってゆくにせよ、壁にぶつかり、立ち往生してしまうこともあるでしょう。

私たちは君たちの個性を大切にして、将来その個性を土台にして自分自身の人生を切り拓いてゆけるようになることを何よりも大切に考えて来ました。ですからそれが本当に自分自身を活かせる場所であるならば、つまずいたり、転んだりしながらでも、そしてそれが傍から見てどんなに無様であろうと、その場所にむけて歩み続けて下さい。

 先ほど「先行きの見えない不安」ということを述べました。また、昨今新型コロナウィルスが、社会に与える影響を懸念する声がそこかしこで挙がっています。おそらく、この一連のウィルス騒動が終息した後でも、「不安」はその度合いを増しこそすれ、なくなることはないでしょう。社会を覆うこの不安に対して、それがまるでないかのように振る舞い、やり過ごそうとするのは、時代に対してあまりに不誠実な態度であると思います。そうした態度はいつか必ずその借りを返さねばならない時が来るでしょう。また、一方で、あまりに悲観的に考え、自暴自棄になってしまうのも、同じように不誠実なことだと思います。君たちには、社会を覆うこの「不安」に、真正面から向き合い、その「不安」のよって来たるところを見据えて、粘り強く考え抜く姿勢を貫いて欲しいと願っています。楽観もせず、悲観もせず、目の前の課題に真摯に向き合うことがわれわれに求められていることなのです。

 父母保証人の皆様、私たち高等科の教職員一同、ご子息のご卒業を心よりお祝い申し上げます。

彼らも高等科に入学して3年間が経ちました。高等科の入学式に新入生として参列していた日のことは、まだまだ記憶に新しいと思います。私も親として経験がありますが、高校の3年間は、本当にいろいろあった3年間だったのではないでしょうか。時には、はたで見ていて、ヤキモキしたり、ヒヤヒヤしたりすることがあったかもしれません。彼らはこの3年間、さまざまなことを体験して、今日卒業の日を迎えました。そしてこの目白のキャンパスでわれわれと同じ時間を共有したことが、よりよき成長の手助けになったとしたら、これほど喜ばしいことはありません。彼らはこれから自分の足で自分の道を歩いてゆくことになります。親としての心配はまだまだ続くと思います。また、われわれにとっても、卒業したからそれでおしまいだとは考えていません。というよりも、高等科での教育はこれからその真価が問われるのだと言っても過言ではないでしょう。そして10年後、20年後にそれぞれが、それぞれの豊かな実を結んでくれることを願っています。

3年間、学校運営のさまざまな局面にご協力いただいたことを心より御礼申し上げます。

 最後になりますが、卒業生のみなさん、この先何か困難なことに突き当たった時は、この高等科で過ごした日々を振り返ってみて下さい。きっと自分が進むべき方向が示されると思います。また、この3年間で築き上げた友人との絆を生涯大事にして下さい。みなさんにとってこの高等科が、いつまでも「特別な場所」であり続けることを心から願っています。

 以上をもちまして卒業式の告辞といたします。




2019年度 柔道納会

12月13日、講道館にて3年生の柔道納会が行われました。 

体育(柔道)の授業の総仕上げとして、全員で乱取り稽古などを行った後、クラス対抗で試合をしました。

優勝はB組Aチーム、準優勝はE組Aチームでした。

2019jd1 (1).jpg 2019jd1 (2).jpg 2019jd1 (3).jpg 2019jd1 (4).jpg 2019jd1 (6).jpg 2019jd1 (7).jpg 2019jd1 (8).jpg

塩野七生さん特別授業

学習院大学の卒業生である作家・塩野七生さんを10月26日(土)にお迎えし、学習院高等科・中等科、学習院女子中・高等科の生徒106人に対して特別授業を行っていただきました。
この授業の様子は、2020(令和2)年1月1日元旦 13時~13時49分 NHK Eテレ「Eテレ特別番組 塩野七生 高校生との対話(仮)」にて放送されます。

_Z2A4056.jpg
今回の特別授業は、一昨年度中等科図書委員の発行する「図書新聞」が通算100号を迎えることに際し、委員会の中で作家先生にインタビューを行いたいという企画を立案、現高等科1年生の佐々木大樹君がかねてからファンであった塩野さんへの質問をまとめ、司書を中心とした教職員の協力を経て、委員会の代表として手紙をお渡ししました。それに対し、塩野さんがイタリアから自筆で返信してくださったことをきっかけに、学習院が塩野さんに依頼し、 直接対面できる特別授業が実現しました。 

_24A9651.jpg_24A9779.jpg
 当日は男子高等科から3名(十文字、山崎(2年)、佐々木(1年))が登壇し、対話形式で授業が行われました。歴史や人生といった大きなテーマに沿って、90分以上に渡り授業が行われました。当日の様子は是非放送をご覧になってください。

また、授業の様子は学校法人学習院のホームページの学習院公式ブログにも掲載されています。

2019年度 沖縄研修旅行 

沖縄研修旅行に2年生が出発しました.
今年も無事に那覇空港に着きました.
_DSC9513.JPG


昼食はバスの中で頂きました. _DSC9525.JPG
1日目は平和学習を中心に行いました.クラスごとに,ガマ,県立平和祈念資料館,旧海軍司令部とまわり, ホテルへと向かいました. _DSC9529.JPG _DSC9530.JPG _DSC9532.JPG 0002_xlarge.jpg _DSC9542.JPG _DSC9543.JPG
夕食後,戦争体験の講話を聞きました. _DSC9555.JPG _DSC9557.JPG
朝食はビュッフェスタイルでした.
0004_xlarge.jpg
2日目と3日目は,合計で9種類のコースに分かれて研修しました.
沖縄文化体験コースです.午前は,沖縄の家庭料理を作りました. 0005_xlarge.jpg 0007_xlarge.jpg
午後は漆喰シーサー作りです. 0008_xlarge.jpg image_original.jpg
ガンガラーの谷と洞窟体験コースの様子です. DSCF2098.jpg DSCF2112.jpg DSCF2157.jpg
洞窟では水につかりながら進んで行きました. DSCF2187.jpg DSCF2210.jpg DSCF2233.jpg
リーフトレイルです. 201900001.jpg
イノー散策の前に. image3.jpg
まちまーいです.那覇の町歩きをしました. 1569411942180.jpg 1569411030238.jpg 1569412662487.jpg
沖縄戦跡巡りです. 嘉数高知,首里城,嘉手納基地などを巡りました. 20190005.jpg image_original(1).jpg image_original(2).jpg
サバニです. 201900006.jpg
マリンスポーツでは,ドラゴンボート,シーカヤック,シュノーケリング,ビーチフラッグを楽しみました. 201900007.jpg
伊江島サイクリングです. KIMG0317.jpg KIMG0320.jpg
世界遺産グスクめぐりで勝連城跡に行きました. image000.jpg
研修終了後は,恩納村のホテルのビーチで楽しみました. 201900003.jpg _DSC9564.jpg
3日目の夕食はBBQでした. _DSC9568.jpg
4日目は那覇で自主研修を行い,東京へと帰りました. _DSC9589.jpg

2019年度 ボート大会

埼玉県戸田市戸田公園オリンピックボートコースにて、ボート大会が行われました。400Mコースを競いました。

ボートに乗り、まずスタート地点まで、練習を兼ねながら漕いで移動します。

_DSC9448.jpg
スタート地点に到着したら、スタートの合図を待ちます。

DSC01656.jpg

レースの様子です。

DSC01646.jpg

DSC01704.jpg


ゴール地点での様子です。

DSC01781.jpg

優勝したクラスのチームには、トロフィーなどが授与されます。

_DSC9465.jpg


2019年度 附属戦

学習院対筑波大学附属高校との総合定期戦(附属戦)が、学習院高等科を会場として、開催されました。学習院は、試合は男女別々ですが、男子部・女子部併せて学習院チームとなります。

今年度は晴天に恵まれました。

_DSC9369.jpg各競技の様子です。

_DSC9394.jpg

_DSC9405.jpgDSC01461.jpgDSC01529.jpgDSC01570.jpgDSC01581.jpg
今年度は学習院が勝利しました。

トロフィー.jpg


2019年度附属戦壮行会

百周年記念会館において、筑波大学附属高校との総合定期戦(附属戦)壮行会が催されました。
各部の主将が意気込みが語り、全校生徒、応援団からエールが送られました。
_DSC9353.jpg
IMG_7912.jpg

2019年度入学式

2019年度入学式が行われました。
2019nyugakusiki.jpg










科長告辞


学習院高等科

科長 武市 憲幸


                            


高等科入学式告辞新しい季節が始まり、樹々の緑も新鮮に目に映るこの日に、今年度の入学式を行えることを大変うれしく思います。
 新入生のみなさん、そして保護者の皆様、本日は、ご入学おめでとうございます。
学習院は古い歴史を持つ学校です。その源は幕末の京都にまで遡りますが、明治10年神田錦町で官立の学校としてスタートを切ったところから正式な歴史が始まります。明治10年というと西郷隆盛が明治新政府に対して挙兵した西南戦争が起こった年です。それから70年、第2次大戦後、私立の学校として院歌に謳われる「新学習院」の時代が始まり、さらに70年余りを経て現在に至っています。そして8年後の2027年には創立150周年を迎えることになります。みなさんもこの長い歴史の中に新たな1ページを加えることになるわけです。ただし、長い歴史、伝統ということだけに安んじていては、本当の意味での歴史を刻んでゆけません。歴史とは、常にその意味を問い返すことによって価値が生まれるのではないでしょうか。その意味でこれから学習院の教育方針「広い視野」、「たくましい創造力」、「ゆたかな感受性」と「個性」について改めて話してみたいと思います。
私たちが君たち新入生のみなさんに望むのは、高等科在学中の3年間に、存分に自分の個性に磨きをかけて欲しいということです。「個性」とは、言うまでもなく「自分らしさ」でありますが、それは当然単なる「ひとりよがり」、「わがまま」とは区別されねばなりません。真の個性とは、自分とは違う価値観を持つもの、あるいは異質なものと時にはぶつかり合い、時には交じり合い、いわばやすりにかけられた結果生まれてくるものなのです。こうした作業の果てに、文字通り「磨きをかけられ」て、ようやく確立されるのが真の「個性」です。ですから先ほどの「広い視野」、つまり「異質なものと出会う場所」は必ず必要になります。単に「好き」/「嫌い」で物事を判断して、自分とは異質なものとの出会いを避けていては、いつまでたっても本当の個性には巡り会えません。若い時期は、自分が従来信じていた価値観を根底から覆される体験も克服し、新たな形で再生できるチャンスを与えられている特権的な時期です。そのようにして何度も何度も葛藤を繰り返してこそ、本当の「個性」は確立されるのです。どうか自分の中の可能性をみずから封じ込めることのないよう、失敗を恐れず、なりふりかまわずにさまざまなことにチャレンジして下さい。
 これまで述べてきたように、「個性」とは単に与えられるものではなく、自分で生み出してゆくものなのです。ただし、せっかく生み出した「個性」が、「ひとりよがり」のものになってしまっては、元も子もありません。そのために大切になるのが「感受性」というものです。様々なものやこと、人に触れて「心を動かす」、もっと言えば「心を震わせること」が「感受性」です。この「感受性」は、よりよき「個性」を育んでゆく栄養分になってゆくのだと思います。そして忘れないで欲しいのは、「感受性」は、君たちくらいの年代でその土台が作られてゆくものだということです。どうか様々なものに出会い、「心を震わせる」機会をたくさん持って下さい。「豊かな感受性」とは、「豊かな人間性」でもあるのです。そして、その機会は、「学校」という場所だけに限られているものではないと思います。例えば、読書や音楽や映画など積極的にその機会を見つけに行きましょう。
 以上のように、「広い視野」により鍛えられ、「豊かな感受性」により育まれた「個性」こそが、「たくましい創造力」を生み出しうるのです。私も長い教員生活の中で、数多くの卒業生を送り出して来ましたが、高等科在学中に磨き上げられた「個性」によって、みずからの道を切り拓いて豊かな人生を歩んでいる君たちの先輩を数多く知っています。彼らの活躍の根っこに、高等科で過ごした時間の痕跡を見つけることは、われわれ教員にとっての大きな喜びです。君たちが高等科を卒業して、先輩たちのように、自分自身の真の「個性」を活かして豊かな人生を歩んでゆけるようにわれわれは、努力を惜しみません。3年間、共にがんばりましょう。
 父母保証人の皆様、本日の入学式には学校法人学習院を代表して、内藤院長、耀専務理事、平野常務理事、江崎常務理事にご列席いただいております。またご来賓として、東園桜友会会長、大野父母会副会長、沼田中高桜友会会長にご列席いただいております。私たち学習院高等科の教職員一同、心からご子息のご入学をお祝い申し上げます。
 高校生は中学生とは異なり、親から離れ、自立した存在へとその一歩を踏み出してゆく時期に当たります。保護者の方々は、これからご子息との適度な距離を保つことに苦労される場面も多々あるかと思います。「つかず、離れず」の距離を保つのは至難の業であり、試行錯誤を繰り返すしかないのかもしれません。草花を育てる時、水をやりすぎても、逆に足らなくても枯れてしまいます。さらに、それぞれの草花に必要な水の量も栄養も千差万別です。このことは、私たちが子供を育てる、一人前の自立した人間にする、ということにも通じるものがあると思います。われわれ教員は、一人一人の個性とじっくり向き合い、保護者の方々と協力して、やがては大きな花や実を結ぶように育ててゆければ、と考えております。
 本日のご入学を心よりお慶び申し上げます。
 以上をもちまして、入学式の告辞といたします。

2018年度 サホロ スキー教室

1年生を対象にスキー教室が行われました。

場所が今年度からサホロに変わりました。

羽田空港に集合し、千歳空港に行きます。
そこからバスでサホロを目指します。

途中の占冠パーキングで休憩。R0010058_2019-03-04_17.21.43.jpg
昼食はバスの中でお弁当です。 _DSC9252.jpg
ホテルに着いたら、早速着替えてゲレンデへ。 R0010076_2019-03-04_17.00.41.jpg
開校式。 _DSC9262.jpg
レッスン開始です。 DSCF1883.jpg
R0010147_2019-03-04_16.57.27.jpg
初日は軽めのレッスンでした。

夕食後にミーティングをして初日終了です。 yuushoku2019sahoro.jpg
2日目。今日も晴天です。 まずは、朝食。 2019sahorotyoushoku.jpg
ロッカーでブーツに履き替えて、 2019sahororokka.jpg
ゲレンデに集合です。 2019sahoro2nitime1.jpg
レッスンの様子。 2019sahoro2nitime2.jpg
2019sahoro2nitime3.jpg
2019sahoro2nitime4.jpg
2019sahoro2nitime5.jpg
2019sahoro2nitime6.jpg
3日目。今日は曇天でした。 DSCF2043.jpg
2019sahoro3-3.jpg
昼食はゴンドラステーションで食べました。 2019sahoro3-1.jpg
ゴンドラに乗ってサホロ岳の頂上に行きました。 2019sahoro3-2.jpg
jump2.jpg
DSCF2055.jpg
P3060111.jpg
DSCF2003.jpg
4日目です。 大半の生徒が、サホロ岳の頂上まで登ったようです。 2019sahoro4-1.jpg
午後から晴れました。 2019sahoro4-2.jpg
閉校式をして、無事にスキー教室は終了しました。 2019sahoro4-3.jpg
最終日は、新千歳空港で3時間ほどの由時間をすごしてから 羽田空港へと帰りました。

2018年度マラソン大会

森林公園にてマラソン大会が開催されました.レース後から雨が降り始めたので,
閉会式は行わずに帰路につきました.

20190219.jpg